isla del pescado-手織りテキスタイル-ヨガマット-多肉植物-販売

Othonna cyclophylla

オトンナ・シクロフィラ

Othonna cyclophylla オトンナ・シクロフィラ

寂しい冬に彩りを与えてくれるO.シクロフィラ

Othonna cyclophylla オトンナ・シクロフィラ image_1 Othonna cyclophylla オトンナ・シクロフィラ image_2 Othonna cyclophylla オトンナ・シクロフィラ image_3 Othonna cyclophylla オトンナ・シクロフィラ image_4 Othonna cyclophylla オトンナ・シクロフィラ image_5
綿毛の生えた枝が美しい塊茎種、“オトンナ・シクロフィラ”です。


ナミビア南部から南アフリカ北西部に広がる乾燥地帯、ナマクアランド一帯が原産。
標高1,000mほどに位置する砂漠地帯の岩場や灌木の間に自生しています。

種小名の 'cyclophylla'は、ラテン語のcyclo'(丸い)+ 'phylla'(葉:folium)の合成語で、“丸い葉をした”という意味があります。

太い枝と幹を持った冬型キク科塊根(塊茎)植物で、自生地では高さ70cm-1mほどの大きさに成長します。

オトンナ・シクロフィラならではのユニークな特徴は、枝の先端部分に生えるビロード状の真っ白な綿毛。
太い枝からビロードのような細かい毛がみっしりと生えた姿は、オトンナ・シクロフィラ以外ではなかなかお目にかかることができません。

綿毛が生えた枝の先端付近からは、ギザギザとしたフチをした葉っぱを展開します。
白みがかったミントグリーンの葉はフチが波打つように生えてきます。
パッと見の印象では、“丸い葉をした”という意味の種小名がなぜ与えられたのか、イマイチ納得できません。。。

成長期もピークに差しかかると、オトンナ属ではよく見られる、小さく黄色い花を咲かせます。

ちなみにシクロフィラの特徴である白い綿毛は、あまり触ると取れてくるので、なるべく触れないように気をつけましょう。


【科・属】

Compositae Othonna
キク科オトンナ属

【原産地】

ナミビア、南アフリカ - ナマクアランド一帯

【置き場所】

成長期である秋から春にかけては、直射日光のよくあたる場所で管理します。
日光が不足すると枝や葉が徒長しやすくなります。

雪が常に降り積もっているような厳冬地を除いて屋外でも管理可能ですが、その際は雨や雪が直接かからない場所で管理しましょう。
また冷たい風が常に当たる場所だと、いくら冬型とはいえ葉が枯れ込んだり落ちる場合がありますので注意しましょう。

休眠期である夏は少し遮光をして、風通しの良い涼しい場所で管理します。

【水やり】

成長期の春と秋は土が完全に乾いてから水やりします。
その際は天気の良い日に水やりするようにしましょう。
オトンナ・シクロフィラの特徴である白い綿毛に水がかかると取れてくる場合があるので、水やりする際は株元に水やりするようにしましょう。

春から初夏にかけて葉が落ち始めたころから徐々に水を控え、夏は完全に断水します。
オトンナ・シクロフィラは涼しくなってくると徐々に葉が芽吹きだしてきますので、その頃から少しづつ水やりを開始します。
その際もいきなりたくさん水をあげると腐りやすいので、水やりは少しづつ開始します。

【肥料】

成長期の初秋や春に数度、微量元素が不足しない程度に薄めた液肥を与えます。
用土によく醗酵した有機質や、マグァンプKなどの緩効性肥料を少量混ぜ込んでおいても良いと思います。

【適温】

オトンナ・シクロフィラは涼しい季節に成長する植物のため、寒さには強いほうです。
夏の蒸し暑さに気をつけ、暑い季節は涼しい場所で管理しましょう。