isla del pescado-手織りテキスタイル-ヨガマット-多肉植物-販売

Adenium arabicum

アデニウム・アラビクム

Adenium arabicum アデニウム・アラビクム

花が咲いた様子

Adenium arabicum アデニウム・アラビクム image_1 Adenium arabicum アデニウム・アラビクム image_2 Adenium arabicum アデニウム・アラビクム image_3 Adenium arabicum アデニウム・アラビクム image_4 Adenium arabicum アデニウム・アラビクム image_5
しい花が特徴の大人気コーデックス、“アデニウム・アラビクム”です。


アラビア半島南部、サウジアラビアやイエメンの紅海やインド洋の沿岸が原産で、乾燥した荒れ地の岩や砂礫の上に自生しています。

種小名の 'arabicum' は、原産地である“アラビアの”という意味があります。

どっしりとした塊根から無数に伸びた枝が特徴の塊根植物で、塊根植物のお手本のような見た目をしています。

“砂漠の薔薇”の和名で有名な 'Adenium obesum'(アデニウム・オベスム) と似ていますが、アラビクムのほうが塊根が低く横に広がりやすいのが特徴です。

ですが、花の色や花弁の形もとても似ているうえに、数えきれないほどの園芸品種がタイなどで作出されているため、アラビクムならではの特徴を明確に述べるのが難しい種でもあります。

塊根だけでも大きな魅力のあるアラビクムですが、最大の特徴はなんといってもその美しい花です。
くっきりとしたピンク色のとても鮮やかな花を咲かせてくれます。
花は休眠開けの葉が生えてくる春ごろに咲くことが多いのですが、まれに葉が繁っている時期に咲くこともあります。

近年ではアデニウム・アラビクムは基準標本となった株がアラビア半島で採取されたために 'Adenium arabicum'という学名が与えられたのですが、実際はアフリカ半島に広く自生しているアデニウム・オベスムの産地違いや亜種であるという説が強く、そのうち 'Adenium obesum ssp. arabicum' という学名になるかもしれません。


【科・属】

Apocynaceae Adenium
キョウチクトウ科アデニウム属

【原産地】

アラビア半島 - 紅海・インド洋沿岸地方

【置き場所】

一年を通して直射日光のよくあたる場所で管理します。
アデニウムの仲間を栽培する上で日光はとても重要で、日光が不足すると幹や枝が徒長してしまい、軟弱な株になってしまいます。
また、日光不足の状態で長時間栽培すると根腐れを起こしたり、株の内部から腐敗しやすくなります。

アデニウムの栽培では風通しも重要な要素で、風通しの悪い場所ではコナカイガラムシ等の害虫や病気が発生しやすくなります。
硬く締まった株に育てるためにも日当たりや風通しには特に注意しましょう。

【水やり】

成長期の夏は土が乾いたらたっぷりと水やりします。
直射日光の当たる場所では真夏は毎日水やりしても問題ありません。むしろ梅雨明け以降は雨ざらしにし、雨風に当てた方が調子よく育ちます。

秋に入り涼しくなってきたら徐々に水やりの回数と量を減らし、葉が落ち始めた頃から春までは完全に断水します。
春になると葉や花芽が徐々に展開し始めますが、いきなり沢山水やりせず、少しづつ水やりの回数と量を増やしていきます。
梅雨が明けるまでは、土が完全に乾いて数日おいてから天気の良い日に水やりするようにします。

【肥料】

成長期の夏に薄めた液肥を与えます。
用土によく醗酵した有機質肥料や、マグァンプKなどの緩効性肥料を混ぜ込んでおいても良いと思います。

【適温】

アデニウム・アラビクムは寒さにとても弱いので冬は暖かいところで管理します。
葉を落とした後の休眠期も、硬い表皮の下の葉緑素で光合成を行って寒さに対する体力を静かにつけています。
休眠中もなるべく日光にあて、日中に鉢内と植物自体の温度を上げると耐寒性も増します。